池上分会行事報告:3月7日運転者講習会 分会総会の開催

当分会では去る3月7日火曜日に、池上会館におきまして運転者講習会を実施致しました。当日は18:00より開始し総勢96名の参加を頂きました。
最初に池上警察署より牧野交通課課長においでいただき、今年になってからの管内の交通事故情報の報告を受けました。幸いにも現在まで死亡交通事故の発生はなかったのですが、3件の重傷者発生の事故がありました。その何れもが、車両と高齢歩行者との交差点での接触事故でした。裏道での交差点内の事故で車両側は徐行してスピードはでていなかったのですが、接触された方が高齢者であったため、転倒され重傷に至るけがが発生しております。
改めてドライバーの安全確認の徹底と、運転中の緊張持続感の持続が求められるとの話を伺いました。
この後、日野自動車のサービス課より武藤課長に登壇頂き、交通事故のビデオ鑑賞のあと、整備.点検に関する重要性の話を頂きました。
この中で 車両が公道を走行するにあたって守らなければいけない法律は、
1.道路交通法と2.道路運送車両法である事。自動車を安全で公害をもたらせない状況で走行させるためには、日常点検整備(使用者) /定期点検整備(整備工場)/ 車検(整備工場にて保安基準に適合する)の3つの点検が重要である事のお話を伺いました。

2時間ほどの運転者講習会が終了後、場所を池上食道園に移しまして、分会総会を開催致しました。
総会には13名の分会員が参加され、平成28年度の反省と思い出を語り、また、平成29年度の行事予定に関しましての協議が行われ、和やかな時間を過ごしました。