蒲田分会運転者講習会

寒の戻り雨後の夕暮れ3月7日火曜日 18時より大田区産業プラザにて
蒲田分会主催 運転者講習会が開催された。
会場には受付開始時に既に60名もの受講者が来場し、4階コンベンションホールを
埋め尽くした。六郷運送㈱高橋氏の司会進行にて、松原支部長の自転車が関係する事故が
増えているとのお話をまじえたご挨拶を頂いた後、海原分会長にも講習会の意義を説いた
お話を頂き、第一部 蒲田警察署交通課 高橋様による講習へ移った。
初めに最新作の教育ビデオ{危険予測のポイント}の観賞後、サイドミラーを活用した
安全確認だけでなく直視することの重要性左後方の死角の怖さ、対向車が視覚を作る。
等を管内の事故例を交えて解説して頂き、最後に死亡交通事故の加害者家族が事故後
辿った実話を語って頂き、本当に1つの事故がその後の家族の人生に落とす影を
赤裸々に語って頂き、胸に響いた。
休憩を挟み、第2部は日本興和損保ジャパン 中林氏による第一部を引き継ぐ形で
損保ジャパンがデーターで有する多発する事故事例を用いた危険予知ポイントを
講習会初めての試み、グループ討議の時間も設けた。聞くだけでなく、出席者自らが考え
自ら再確認出来る形で時間いっぱい行われ、ともすればコックリする講習会の雰囲気を変えた。
最終出席人数97名。蒲田署管内の無事故記録を是非伸ばして頂きたい。