女性部研修会

2月14日(火)大森東急REIホテルにおいて18時~ 女性部主催
『サイバー空間の脅威』をテーマに研修会が行われた。
内田發子女性部監事の司会の下、松原支部長挨拶後
講師を警視庁警務部人事第一課 サイバーセキュリティ対策本部よりお迎えし
DVD 再現ドラマを用いて個人・会社双方で実際に多発している
インターネット犯罪の手口と対処法をわかりやすく講演して頂いた。
現代社会に於いてインターネットの利用は不可欠。
携帯電話から、パソコンから一日に何度も利用する方も多いであろう。
毎日仕事のほとんどにメールチェックと返信作業をしている方も多いはず。
一度再確認をせず安易にクリック、送信してしまうと取り返しのつかない事になる。
なんと年間被害総額は15億3千万円にも及んでいるとの事。

研修では特に下記に重点を置いた
1 依然多くの被害が出ている 振込め詐欺
2 見積添付 等 見知らぬアドレスからのメールの添付ファイルを開くと
そのパソコンのデーターファイルが暗号化されて、データーが全て失われ
回復したければお金を振り込め と脅迫画面が表示されてしまう
(ランサムウエア の恐怖 対策)
3 格安インターネットショッピング等の入力に関しての注意点
4 インターネットバンクの入力に関しても注意点

セキュリティ3本柱は単純だがこれを徹底することからかなり守られる
1 ウイルス対策ソフトを導入して最新にする
2 OSのアップデートを自動更新に設定する
3 メールの添付ファイルはむやみに開かない

研修後は佐藤雄平 東京都トラック協会副会長から自社もネットバンキングで
毎日決済しているので大いに役に立つ内容でしたとの感想も頂き
佐藤和子女性部部長の閉会の挨拶で研修会を終了しました。