トラックフェスタTOKYO2016

10月30日(日曜日)

当日は朝から時折雨模様の一段と寒さが感じられる一日であったが

東京都トラック協会主催『トラックフェスタTOKYO2016』が

渋谷区代々木公園の野外ステージとイベント広場に於いて開催された。

このイベントは、創立五十周年を迎えた協会による初めての本格的な

外部発信型イベントであり「親子で体験!安全と環境」をテーマに

掲げて多彩な体験型イベントを繰り広げ、我々トラック運送業界が担う

社会的役割の重要性をアッピールした。

その中でも、クルマがくるっと回転してシートベルトの着用効果を実感できるという

ロールオーバーシミュレーター、トラック乗車、パトカー・白バイ乗車等の体験が

出来るブースには常に行列ができるほどであった。

大田支部ブースでは羽田を拠点としている女子プロバスケットチーム

羽田ヴィッキーズのマスコット“ヴィッキーちゃん”と支部特製の

オリジナルフェイスペイント貼付サービス、更に青山運送様所有の

ダイハツミゼット(営業ナンバー車で現役稼働中)も一角に展示して

集客を図り、大田マルシェと銘打った各分会地域の名産品を販売。

支部長を筆頭に参加者の(自助?)努力も有り、用意した名産品も完売し

一応の成功を収めた一日となった。

当日お手伝いを頂いた会員の皆様、お疲れ様、有難うございました。

 

大田支部フェスタ小委員会