蒲田分会 運転者講習会

9月7日 水曜日 台風の影響が心配されたが、昼過ぎには好天に恵まれ
受付開始時には長蛇の列が出来た蒲田分会の運転者講習会は
大田区産業プラザPIO4階コンベンションホールで行われた。
分会役員 六郷運送 高橋氏による司会進行により講習が始まり
海原分会長の挨拶後 第一部は蒲田警察交通課からのDVD教材
「ドライブレコーダーからの警告」視聴後、高橋交通課課長より
ビデオ内容の解説、管内での事故検証、今年の秋の交通安全運動の
重点項目の説明がなされ、講話の最後には飲酒運転で死亡事故を
おこし、自らも命を落とした加害者の残された妻と幼い子供2名が
賠償責任を苦に自殺を図ったという誠に悲惨な実話も話されて
事故は被害者加害者の当事者だけでなく家族にも多大な影響を
及ぼす事をしっかり胸に刻んでほしいと締めくくって頂いた。
その後、27年度のセーフティドライバー・コンテストに於いて
無事故無違反達成チームの表彰が 松原支部長よりとりおこなわれ
蒲田分会では7社33チームエントリーして6社15チームが達成し
東京都トラック協会より表彰状と記念品が贈られました。
休憩後第2部として いすゞ自動車首都圏株式会社より
松本課長と斎藤主任お二人を講師として招き
「日常点検のここが大事、これが事故を防ぐ」と題し
日常点検の必要性と罰則が与えられるくらい重要な項目の解説を
丁寧にスライドを交えておこなって頂いた。
出席者 113名は 年2回の交通安全活動の日程の語呂あわせ
四六時中いつでも安全運転 春の交通安全運動 4月6日~
国中交通安全       秋の交通安全運動 9月21日~
で、日程は昭和24年交通安全週間が始まって以来、選挙など
国の行事が無い限り変わらないと言う雑学も会得した。