防災訓練

9月1日(火)防災の日

あいにくな天気のなか、各警察署では環七沿線はじめ各所で防災訓練が行われた。

東京都でも東京都総合防災訓練が行われ、東京都トラック協会本部の要請のもと 支部 5社(5台)が【東京都・立川市合同防災訓練】に参加した。

当日は、緊急輸送業務の習熟を図り、災害時の関係機関との協力体制の確立を図る目的で 救援物資緊急輸送訓練を実施しました。

9月1日、東京都多摩地区を震源とする強い地震が発生し、立川市に大きな被害が生じた との想定で、東京都と立川市の各自治体と合同で訓練が行われました。

大田支部の5台の訓練内容は 実際に大森警察署にて緊急通行車両証の発行手続をして 発行を受け、「都救助物資備蓄倉庫」と「城南大橋第2倉庫」において救援物資を積載し、 【立川市旧政府立川倉庫】に設置された「都救援物資集積所」で九都県市等からの 救援物資を追加して積載し、立川市泉体育館に設置された「市救援物資集積所」に 物資を引き渡す訓練を行った。

城南大橋第2倉庫に午前6時30分に集合して訓練に参加した各社乗務員は 揃いのユニフォームを着て、気をひきしめて訓練に臨み11時30分頃 立川で訓練終了後、通常業務に戻って行った。

 
上記のスライドショーが表示されない場合は、下記をクリックしてください。

2015年9月4日