2012事故防止大会

3月3日土曜日ひな祭り、連日の雨模様の中一日だけ暖かな晴れた日が訪れました。
この恵まれた日和の中、第4回大田支部事故防止大会が大田区立安方中学校の校庭、教室をお借りして午後1時より行われました。

大田支部事故防止大会は、我々トラック運送事業者と地元の大田区民の皆さんとが一緒に交通安全意識を向上させ、大田区から悲しい交通事故をゼロにしようという取り組みです。
当日は、来賓の松原区長、傳田池上警察署長、山本池上交通安全協会長はじめ、支部会員事業者や従業員、家族、近隣住民、地元町会、池上交通少年団のみなさん等、約250名の方々に御参加頂きました。
大会は、大田支部の専属美人MC、㈱共運 金井さんの司会進行により開会セレモニーの後、今大会のメインメニューであるスタントマンによる交通事故再現’スケアードストレイト’が行われ、再現とはいえ交通事故を目の当たりにして参加者は交通事故の怖さを実感していました。
皆さんが事故の怖さを実感したところで、池上警察署交通課による自転車実技教室が行われ、自転車の正しい乗り方が如何に大切かを学びました。
その後は少し趣向を換えて、楽しく交通安全を考えたり、トラックに親しんでもらおうと、信号機ボールトスやトラック引き、シートベルトコンビンサー、模擬飲酒運転体験、白バイ記念撮影、反射力診断、高齢者体験等盛りだくさんの催しが行われ、午後4時、事業者と区民による事故防止大会は、大田区の交通事故ゼロを願いながら無事に終了致しました。