田園調布分会 春の運転者講習会を開催

平成24年3月6日火曜日、午後6時より 田園調布分会は、運転者講習会を開催しました。

始めにトラック協会推奨 交通安全のビデオを視聴。

午後6時30分より田園調布警察署交通課 松本課長様から交通安全に関する講義を受けました。

今、増加傾向にあるのは自転車やバイクの関連する事故だそうです。ドライブレコーダーを活用した事故の実例をビデオで鑑賞しながら、道路を利用する車・バイク・自転車・歩行者それぞれが、交通マナーを考えて他人に優しい行動をする事が、事故減少につながるのだということを学びました。

続いて、東京日野自動車㈱六郷支店整備課 武藤課長様から「日常点検の重要性」をテーマにした講義をお聞きしました。

日常点検は、どこの事業者のドライバーさんでも出発前に必ず行なっているとは思いますが、ただ漫然と適当にチェックをするのではなく、しっかりと決まった項目をその通り点検して、1日1日行ない続ける事が大切なのだと、改めて教えて頂きました。

そういった毎日の点検により、車の各パーツの劣化を、ドライバー自身が逐一感じとる事が出来るとの事です。

それが結果的に、大きな重大事故を未然に防ぐ、何よりの近道だということでした。

武藤課長様の謹直実直なお人柄が伝わるお話に、「この人に定期点検を見て頂ければ安心だ。」と、素直に感じました。

午後7時半 恒例のくじ引き懸賞大会を行なったのち、会は終了いたしました。

参加者の皆さま、お疲れ様でございました。

P1010038.JPG

P1010040.JPG